消費者金融業者のモビットの返済が遅れたらどうなりますか

モビットでお金を借りた後は、その分について返済をしなければなりません。これは、モビットとの契約がそういう内容になっている以上「返さなくても良い」ということには原則としてあたりません。

 

モビットを利用しているほとんどの人は、こうしたルールに沿って返済を行っており、特に問題はないかと思われますがそれでも返済が滞ってしまうといったケースもあります。そもそもモビットを利用するということであれば、お金に余裕がないためといった背景がある人もいるかもしれません。そのため、

 

計らずもモビットの返済が遅れてしまうといったケース

 

が考えられます。モビットでは、返済が遅れた場合に遅延損害金というものが設定されています。遅延損害金で適用される利率は、モビットの場合は年20.00%となっており、これはモビットで融資を受けた場合に適用される最高利率の18.00%を上回る利率設定です。

 

融資を行ったお金は返済してください、と契約内容に盛り込まれていますので返済が行われなければモビットにとっては契約違反ともいえます。そのため、

 

遅延損害金は契約違反に対する一種の罰則規定

 

とも考えることができます。利用者にとっては通常よりも多くのお金をモビットに支払うことになるのですが、もうひとつデメリットとなるのが「返済を滞納した」という「経歴」が登録されてしまうという点です。

 

こうした経歴が登録されてしまうと、モビットで増資の申し込みをする場合はもちろん、他の消費者金融などでキャッシングを利用する場合に審査で不利になってしまう可能性があります。また、将来的に住宅ローンなどを利用する場合でも審査に通らないといったケースも考えられます。

 

こういった事態を回避するという意味でもモビットの返済は確実に遅れないようにしたいところですが、それでももしどうしても遅れそうな場合にはできるだけ早くモビットにその旨を連絡するようにしましょう。

 

モビット側からも利息だけの支払い等、返済についての提案がありますので相談してみることも大切です。このように即日キャッシングが便利に利用できる反面、返済が滞る状況に陥る場合がある事を十分に理解してから利用するようにしましょう。